HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報


平成18年11月13日 第195号                    

厨房と食堂が新しくなりました
栄養科主任  安田 典子

四ヶ月間の改造工事を終えて厨房と食堂が新しくなりました。

 今まではガス調理(ガスコンロ、回転鍋)を行っておりましたが、新厨房ではIHコンロ、スチームコンベクションオーブンを取り入れ全面電化厨房になりました。
IHでは、コンロ周りからの熱気がもれないため厨房内は涼しく、空調の効果もあがり、さらに衛生管理がベターに出来るようになりました。厨房内も貯蔵庫、下処理、調理、配膳、洗い場ときれいに区分されました。

  スチームコンベクションという機械は・・・
スチームコンベクションとは、焼き調理、ソテー、蒸し物、煮物、野菜ボイル等の調理を1台でこなすことができます。
ボイル野菜は、スチームを利用する為、ビタミンの流失が少なく栄養面でも優れています。
煮物は煮くずれしにくく、ソテーは歯ごたえあるものに仕上がります。

 厨房内はドライキッチンになりました。
ドライキッチンとは、床面を含め、全体が常に乾いている状態に維持された厨房のことです。床が濡れていないので、湿気が少なく、衛生管理がしやすくなりました。床は滑らない特殊シートになりました。

 洗い場には、生ゴミ処理機「ゴミサー」を設置しました。
この機械は、微生物(土壌菌)により、生ゴミを水と炭酸ガスに分解し、消滅処理をするというものです。生ゴミは水になり排水されますので、環境にも負担をかけにくく、安全で衛生的です。ゴミサーを取り入れてから、生ゴミの量は1/3程度になりました。

食堂カウンターが新しく楽しい絵柄のタイル貼りになりました。吉井川を望む窓はサッシがとれて広くなり、パノラマ食堂が美しくなりました。

使いやすく美しい厨房に移りましたので、これを機に栄養科スタッフ一同、今まで以上に衛生面に気をつけ、おいしい病院給食をつくっていきたいと思います。





 一心だより   ホームへ

HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

- OKAMURA ISSHINDOW HOSPITAL / established in 1988 -