沿革

1988年 岡村一心堂病院開設 152床
1989年 冠動脈バイパス手術施行
1991年 院内保育所開設
1992年 医療法人成り 理事長岡村一博
1997年 病院機能評価 中国地方初認定
1998年 ガンマナイフ導入中四国地方第1号機(世界第100号機)
1999年 ハイパーサーミア導入
2003年 高気圧酸素装置導入
2004年 ライナック導入
2005年 PET/CT導入
2006年 新病棟完成
2010年 メディカルクラーク設置
2011年 320列CT導入
2015年 体外衝撃波結石破砕装置導入
2017年 岡村暢大理事長就任
2019年 病棟編成 急性期一般病棟34床、緩和ケア病棟21床、地域包括ケア病棟49床、障害者施設等一般病床48床